解決事例

労働保険手続き、社会保険の手続きなど通常の業務で忙しくてご対応が難しい方など労務管理にお悩みの方はお気軽にご相談ください。

業務効率の低下

#事例

従業員の愚痴が蔓延し、業務効率が著しく低下している

#解決策

従業員の不満は伝染し、業務上大きな影響を及ぼします。
また、不満は解消されてもまた新たな不満を生み、連鎖していくこともあります。

1,労働法を遵守しているかを確認する必要があります。
2,就業規則は活用されているか、従業員に認知されているか。
まず前提として法に違反していないことを確認する必要があります。

3,適正な人事評価制度や賃金制度を運用しているか。
4,明確な目標管理制度が運用されているか。
目標が曖昧では目的地のない登山と同じで、少しの躓きでも弱音や不満がでます。
明確な目標を立て、その進捗を上長が管理、サポートする必要があります。

5,管理職の労務管理知識と人材管理能力
従業員がイキイキ働く就業環境は管理職で変わってきます。
管理職が労務管理の知識を持つことで的確なアドバイスとサポートが向上します。
管理職向けセミナーなどで管理能力をアップさせましょう。

6,メンタルヘルスの管理
メンタルヘルスの不調を放置することにより業務上のミスやトラブル、
従業員同士の不平不満などから離職者増加につながり、
サービスの低下、精度の低下などが発生する可能性があります。
メンタルヘルスの管理では
「従業員同士や上司とのコミュニケーション」「情報共有力」「業務の負荷バランスの適正」を
観察し、不調に陥らないようにする必要があります。
また既に不調になってしまった時の対応方法も慎重にしなければなりません。

離職率が高い

#事例

最近、離職率が非常に高くなっていて、中堅層が育たないためサービスや顧客満足などにも影響が出てしまっている

#解決策

やっと育った従業員が退職。
これは企業にとってもマイナスですし、在職従業員にとっても良い影響を与えません。
1,就業規則の規定内容や運用方法の見直し
2,目標管理制度、人事評価制度の見直し
3,従業員のセミナーで勤労と自己成長促進
4,就業環境のコミュニケーションや情報共有によりトラブルの防止
などにより環境改善を行う必要があります。

お気軽にお問合せください

営業時間:9:00~18:00   定休日:土・日・祝日