東京都北区の社会保険労務士事務所。労務管理のご相談はお気軽に。

降格処分には3種類ある

2016年02月29日

降格には、職位や役職を引き下げるもの、職能資格制度上の等級を低下させるもの、

懲戒処分としての「降格」、業務命令による「降格」(人事異動の措置)とがあります。

共通しているのは、降格は権限、責任、要求される技能の低下を伴い、この結果、

賃金の低下をもたらします。

人事権の行使は、社会通念上著しく相当性を欠き、権利の濫用に当たると認められる

限り違法とはなりません。裁量判断を逸脱するものであるか否かは、組織の必要性、

労働者の職務、地位にふさわしい能力適性、不利益の程度で判断されます。

 

情報/労働新聞社

お気軽にお問い合わせください

03-3824-4521メールでのご相談

受付時間:9:00~18:00 定休日:土・日・祝日

お気軽にお問い合わせください

03-3824-4521

メールでのご相談

受付時間:9:00~18:00
定休日:土・日・祝日

業務内容

当事務所のご案内

労務管理 永井事務所

〒114-0014
東京都北区田端1丁目11−5

03-3824-4521

東京都北区の社会保険労務士事務所「永井事務所」です。

社会保険厚生年金の加入、雇用保険労災の手続きはもちろん、就業規則改訂やメンタルヘルス管理による就業環境の改善についてはお気軽にご相談ください。
人材力向上の為の労務管理をご提案します。

情報の保護について

当サイトはSSLで保護されています
当事務所はSRPⅡ認証事務所です。SRPⅡ認証制度についてはこちらをご覧ください。